サイクリングはいつもグルメライド!

サイクリングロードを楽しむブログ グルメライドの楽しみを紹介 おいしいもの 面白いものに目がありません!

東京パワースポット巡り その4 上野公園から神田明神の坂の下を行く

 

こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

東京パワースポットということで連続でご紹介してきております。

 

www.arapota.net

www.arapota.net

www.arapota.net

 

 

今回は上野公園から湯島天神の横を通り、神田明神へ向かって低地に沿って移動してみましょう!

f:id:arapota:20200119201516j:plain

国土地理院地図より参照

 

 出発地点は、鶯谷方面から出発です。

上野といえば上野の山といわれる場所です。

その山の上には、博物館や美術館が立ち並び、上野駅不忍口に向かって下っています。

 

 

不忍の池付近は、緩やかに低くなっており、やはり水があるところは低くなっているようですね。

調べてみるとここまでの台地が『上野台地』で不忍の池を挟んで湯島天神の台地を『本郷台地』と言われる高台のようです。

いわゆる山の手と下町はこの高低差が所以となっております。

 

f:id:arapota:20200119202328p:plain


そしてこの台地に沿って神社が点在しています。

上野台地には、寛永寺があり、

この場所は、江戸城の北東の場所にあたり、邪気が入るとされる鬼門を守る方角に寛永寺がおかれています。

 

本郷台地には、湯島天神と神田明神があります。

神田明神は、江戸の鎮守府と呼ばれこちらも江戸城の北東に位置し、鬼門を守っているといわれています。

 

どちらも高台に位置し、神田明神は台地の先端に位置しています。

行ってみてわかったのですが、湯島天神も神田明神も入口に急な石段がありました。

入口は複数ありますが、どちらも急な方は男坂、緩やかな方は女坂とよばれております。

 

↓ こちらは、神田明神男坂! 急な階段ですね。

 

神田明神の歴史

神田明神は730年に創建されました。つまり、1300年の歴史がある神社ということになります。

元々は現在の場所ではなく、千代田区大手町・平将門公の首を祀る将門塚にありました。

その後、当社は元和2年(1616 年)4月、徳川家康公が江戸幕府を開き江戸城の拡張を始めるにあたり、
江戸城(現在の皇居)より見て表鬼門守護の地となる現在の地が選ばれ遷座しました。
そして当社は『江戸総鎮守』として、将軍はじめ江戸の庶民たちが崇敬する神社となりました。

 

 

 

早速ですが、東京パワースポット巡りということですので、神田明神のパワースポットをご紹介していきましょう。

パワースポット「獅子山の滝」

御札・お守り授け所の少し先に、小さな滝があります。

岩を組んだ人工滝ではありますが、常に水が流れていて気持ちのいい場所です。滝の上に獅子の夫婦がおり、子供の獅子を下に突き落としています。

 

周辺では最も高い場所にいちしており、そこから水が流れています。

人工のものとなりますが、水が流れている場所は空気が澄んでいる気がします!みなさんも是非ここでパワーをもらってください!

 

 

さらに。。。本日訪れて時に幸運が訪れました!

 

本殿中央に恵比寿様と大黒様が登場したのです!

みなさん押すな押すなの撮影会となりました。

恵比寿様と大黒様はサービス精神満点で、立ち上がり手を振ってくれるなどのパフォーマンスもしてくれて、なんとも感激しちゃいました。

 

今年は、絶対いいことがありそうです。

 

 

 

 

 神田明神のご利益といえば、商売繁盛ということで、年始には多くの企業がお参りに訪れます。

さらにこの神社の境内を回ってみると、感じるのが。。。

商売上手ということ

 

お守りやラブライブとのコラボレーションなど面白いものを紹介します

 

IT情報安全守護

IT情報安全守護は神田明神独特のお守りで、平成14年にパソコン全体の情報を守るために授与がはじまりました。

神田明神近辺には、電気街やビジネス街があり、パソコンに囲まれて仕事をする人々からの需要が高かったのでしょう。

ウイルスやフリーズ、強制終了など、人の力では対応しきれないトラブルや個人情報漏洩から守ってくれます。

IT情報安全守護は、ICチップをデザインしたカッコいいお守り。

他の神社ではなかなか見ないお守りなので、お土産にも喜ばれます。

IT情報安全守護は、1つ1000円です。

 

 

 

ラブライブお守り

アニメ・ラブライブに神田神宮が頻繁に出てきたことから、ラブライブと神田明神がコラボ。

キャラクターの女の子が描かれた可愛らしいお守りです。

ラブライブお守りには、身体健全のご利益があります。1つ800円です。

また、境内には、ラブライブ絵馬もあります。こちらは1つ1500円です。

神社周辺では関連グッズも売られており、買い求めるファンが後を絶たないそうです。

 

 

 

こち亀お守り

こち亀連載40年を記念してコラボした「こち亀のお守り」。

マンガこち亀にも、しばしば神田明神が登場しており、両さんが神田明神下に住み込んだり、神田祭がマンガ内で取り上げられたこともありました。

こち亀お守りは、2016年こち亀連載終了するにあたって、全長8メートルの「こち亀絵巻」が神田明神に奉納されたのがきっかけで誕生したお守りです。両さんをはじめとするキャラクターが焼き印されています。1つ800円です。

こち亀主要キャラが描かれたデザインの絵馬もあり、こちらは1つ1500円です。

 

 

 

 さすが商売の神様です!

商売に対する探究心へのアンテナがすごい!

 

まとめ

東京の台地の上や周辺にはパワースポットといわれる神社や公園が点在しています。

その中でも今回訪れた場所は、江戸城の鬼門を守る大事な役割をしている場所でした。まさにパワーが集中する場所!

神田明神は、パワーとともに、商売のヒントもいただける面白い場所ですので、みなさんも是非訪れてみてください。

では!

 

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京パワースポット巡り その3 番外編 メトロこだわりベーカリーでも紹介されるパン屋さん365日を紹介

こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

第三弾は、代々木八幡宮を紹介いたしました!

みなさんはパワーを感じていただけましたか?

 

www.arapota.net

 

最近のご紹介は、

あれ?サイクリングのスポット?パワースポット???

なんだか東京散歩っぽくなってきていないかぃ???

なんて感じになってきておりますが・・・・・確かに!反省。。。

 

連続でパワースポットをご紹介してきましたが、

ここでエネルギーが切れてきてパワーがなくなってくるころですよね。

 

お待たせいたしました!

今回はとってもおいしい話題のパン屋さんをご紹介します。

ここで私のパワーも最大限に充電されます!

その名も

【365日】さんです

 

この店名前の由来は、『毎日を大切にという意味』での店名がつけられたとのこと。添加物が少なく毎日食べられるパンを提供しているのです。

こちらのお店では、オーガニック食材にこだわったパンが食べられます。

 

お店は、東京メトロ千代田線 / 代々木公園駅 から徒歩1分(61m)、さらに
小田急小田原線 / 代々木八幡駅 からは徒歩2分(94m)と駅ちかのお店です。

 

 

 

なぜこのお店?

実は、通勤で利用している電車の中刷りにあったのです!

それがこちら!

 

 

では早速行ってみましょう!

お隣はコーヒーショップ『やなか』さん

 

 

お店は黒を基調としたシンプルですが、高級感が漂う外観です。

 

 

こちらが看板です。

ぴかぴかなので周りの人が映り込んでしまいました

 

 

店内に入るといきなりパンがお出迎え!

ここからは、おいしいものの前では説明は不要ですよね

パンの写真をご堪能ください!

 

 

 

おっと

これは、メトロの車内で見かけたパンではありませんか???

『レモンミルクフランス』

 

 

こちらのお店にはカフェスペースも併設されており、焼き立てパンをいただけます!

 

 

 

今回は、3つのパンを購入してみました!

 ショコラ

モチモチのカカオ生地にサイコロ状のチョコレートを練りこんだパン。

フランスパン系のカカオ生地の食感がとってもおいしい!

クロカンショコラ

クロカンショコラ オーガニックショコラのガナッシュとサクサク食感のチョコで仕上げた上品なオトナのチョコレートパン。

 

365日×食パン

お店の看板メニュー

サイズは食パンの1/4程度のサイズ

最近流行しているふわふわの食パンとは一線を画すしっかりとした食べ応えのある食パン。

 

 

 今回は、代々木八幡宮から徒歩5分以内のグルメ??スポットをご紹介しました。

お腹は満たされましたか??

自転車だけではなく、電車でも苦にならない距離のお店です。

 

代々木八幡宮でパワーを充填したら、365日のおいしいパンでお腹も満たしましょう!

 

 では!

 

www.arapota.net

www.arapota.net

www.arapota.net

 

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京パワースポット巡り その3  本当のパワースポット代々木八幡宮をご紹介 狛犬は右?左?

  

こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

第三弾は、代々木八幡宮を紹介していきます。

・東京メトロ千代田線「代々木公園駅」から徒歩10分
・小田急線「代々木八幡駅」から徒歩5分

前回紹介した明治神宮とは目と鼻の先といった距離なのでパワースポットのはしごも出来ちゃいます🎵

…やっていいのかは分かりませんので自己責任でお願いしますね😅

 

 

第一弾・第二弾はこちらから見てくださいね

 

www.arapota.net

 

www.arapota.net

 

 

 

ネットで調べて見ると、ここには本当に凄いパワースポットのようです。

一部では「ちょっと怖い」といったコメントもチラホラ((( ;゚Д゚)))

pow-spo.com

 

 

歴史

代々木八幡宮の創建は1212年といわれ、800年以上の歴史を持つ由緒ある神社です。

こちらは、応神天皇が祀られております。

鎌倉幕府2代将軍、源頼家の側近だった近藤三郎是茂の家来で荒井外記智明が源頼家が修善寺で暗殺された後、代々木で主君を弔って過ごしていたところ八幡大神の託宣と宝珠の鏡を授かる夢を見たそうです。

それを機に鶴岡八幡宮を勧請し、小さな祠を建てたのが始まりと言われています。
古くから関東地方の武将たちが参拝に通ったと言われている格式高い神社なのです。

 

 

 

見所

代々木八幡宮の中の見どころをご紹介

代々木八幡宮の本殿の右側奥へ進むとご利益があると言われている出世稲荷があります。

その隣が「富士塚」になっています。

富士塚は登ることで富士山に登頂したのと同じご利益をいただけるパワースポットです。

登ったら本物の富士山の方角に拝礼するとよりご利益を得られるそうです。

代々木八幡宮といえば「出世稲荷神社」ですが、芸能人の間で「代々木八幡宮に参拝するとブレイクする・仕事が増える」と話題になり、テレビでも紹介されてからは大人気のスポットになっております。

 

 

参拝順序

代々木八幡宮の出世稲荷には正しい参拝方法があるようです。

まずは「拝殿」を参拝

次に「榛名社」

次に「天神社」

次に「稲荷社」を参拝します。
そして最後に「出世稲荷大明神」を参拝するという流れです。

ご利益を優先して出世稲荷だけを参拝するのは逆効果になるんだとか。
くれぐれも参拝の順番はしっかりと守りましょうね。

 

(↓こちらは本殿の拝殿です。)

 

狛犬

ところでみなさんに質問です。

参道を本殿に向かって歩いているとします。

左が口を閉じていて、右が口を開けています。

どちらが狛犬でしょうか!?

 

正解は・・

左側の口を閉じている方は狛犬
右側の口を開けている方は獅子

 

どちらも狛犬と思っておられる方も多いと思いますが、狛犬は左側だけなのです。

多くの場合が口を閉じる吽形(うんぎょう)を示しており、角が生えているのが本来の姿です。

なんとも凛々しい姿です。

 

御神木

拝殿と代々木八幡遺跡の間あたりにあります。
こちらはとても大きいのと、御神木らしい紙垂(しで)があるので分かりやすいです。

こちらの御神木は圧巻の巨木です。

近くに行くと気のせいかホッとする感じ。。。

 

 

いろいろとここを訪れた方の口コミを調べてみると、

「不思議な力を感じた」「独特の雰囲気がある」といった感想が寄せられており、

ほかにも「癒される」、「パワーが霧のように出ている」、「気が充満している」とった指摘もありました。

つまりこの神社は、みなさんが何かしら感じることができる「強烈なパワースポット」といえるのかもしれませんね。

 

みなさんもパワーを感じに行ってみてはいかがでしょうか?

 

近くにはこんなおみせもありますよ!

 

www.arapota.net

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京パワースポット巡り その2 東京といえばここ!明治神宮をご紹介


こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

前回第一弾として、小石川後楽園を紹介いたしました。

こちらからご参照ください!

www.arapota.net

 

 

第二弾は、明治神宮を紹介していきます。

やはり、東京といえばここ!ですよね!!!!

 

東京・原宿駅から徒歩1分の場所に鎮座する「明治神宮」。

東京のど真ん中に突如現れる鎮守の杜は、騒然とした都会のオアシスとして日々人びとの心を癒す、憩いの場になっています。

 

 

初詣の参拝者数は、毎年日本一を誇る日本を代表する神社です。

今回は今年始まってから時間が経ってから訪れたのですが、

まだまだ多くの人でにぎわっておりました。

 

 

歴史

明治45年(1917年)7月30日に明治天皇が、大正3年(1914年)4月11日にお妃の昭憲皇太后(しょうけんこうたいごう)が亡くなられた後に、御心霊のお祀りを熱望する国民の声が湧き起こり、大正9年(1920年)に創建されました。鎮座地を選ぶ際には、いくつもの候補地が挙がりましたが、陛下のご庭園として深いゆかりのあった代々木の地に決まりました。ご料地になる前は、近江彦根藩・井伊家の屋敷がありました。明治維新後に井伊家から政府に献上される歴史を経て、今に至ります。

代々木の地は、東京のはずれた田舎で何もない荒野だったそうです。

この森がすべて人工で作られたなんて信じられないほどの壮大さに思わず感動してしまいます!

若者で賑わう大都会・原宿の町にあるとは思えない大自然が広がっています。

 

 

大鳥居

原宿駅を出てすぐ左に進み、新橋を渡り終えた先にある、顔といっても過言ではない大鳥居です。高さ12メートル・柱間9.1メートル・柱の直径1.2メートル・笠木の長さ17メートルで重さもなんと13トンもあるそうです。とにかく大きい鳥居は、日本一の大きさを誇ります。そびえ立つ鳥居と森のコントラスとが美しく、とっても神秘的な雰囲気が漂っています。

 

f:id:arapota:20200112222229j:plain

 

清正井(きよまさのいど)

言わずと知れた強運スポット、清正井。御苑の中にある都会では珍しい湧き水の井戸です。名高いパワースポットとして、たくさんのメディアにも取り上げられ、お正月の初詣時期には整理券も配布されてしまうほどの人気ぶり。

東京都の調査によると、水温は1年間一定して15度程度で、毎分平均60リットルの水が絶えることなく湧き出ているようです。さかのぼること江戸時代、加藤清正によって掘られた都内有数の名湧水で知られています。この井戸は、横に掘られた特殊な井戸で「土木の神」と呼ばれた清正が作ったに違いない、とする説が有力とされています。

清正井は、明治神宮御苑内にあり、御苑に入るには500円の入園料がかかります。

 

こちらが清正井です。

透き通った水が湧き出る様子にパワーをいただけます。

でもこの清正井ですが、あまりにもパワーが強いため注意点もあるようです。

清正井は、陰陽の気がはっきりと分かれる「陰呼(いんこ)」の場所と言われています。本来だと穢れない沸水によって強い浄化作用がある場所ですが、陰の気が満ちると言われる夕暮れ時や雨の日に行くと悪い気をもらいやすくなるので注意が必要だそうです。

 

 

 

 

透き通る清らかな水は、見ているだけで心が落ち着きますよね。

携帯電話の待ち受けにすると運気がアップするとも言われています。

訪れた時には、ぜひ写真を撮ってみてください!

 

東京の真ん中・原宿にある明治神宮は、アクセスも良く気軽に参拝できる神社として日々多くの人が足を運ぶ人気癒しスポットになっています。

皆様も是非訪れてみてください!

では!

 

 

www.arapota.net

www.arapota.net

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

東京パワースポット巡り その1 小石川後楽園 都会の癒しスポット紹介


こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 令和初めての年始ということで、今回から数回に分けて東京の公園や神社などをご紹介していきたいと思います。

 

なぜこんな企画?とお思いかと思いますが。。。

昨年から自転車でいろいろなところを走ってきました。

走ってみると、地形の起伏にとっても詳しくなってきて、とっても興味を持つようになしました。

興味といっても坂道を登るのが苦手!

 下ったらいつかは登りがある!

といったことになりますが、

坂を下るとそこには水があり、沼であったり、川であったりがあります。

そして水が湧いている坂の途中には神社があることが多かったように思います。

 

ということで、高低差を見ながらパワースポットを紹介していきたいと思います

 

まず第一弾は、小石川後楽園を紹介していきます。

ここは、台地の先端に位置している谷間となっていて、水が湧きだしやすい地点であり、神田川にも隣接している土地となっております。

 

f:id:arapota:20200112163049p:plain

国土地理院地図より参照

 

 

小石川後楽園の名称のいわれとしましては、

中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後 れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられました。

 

そして、起伏ある土地に池が配されている庭園は、

エネルギーが落ち着き、心が鎮まる場所と言われているのです。

ここに来れば、間違いなく清浄な空気に心が落ち着かされることを体感できます!

では早速行ってみましょう!

 

 

 

 

 

小石川後楽園は、JR飯田橋駅から徒歩10分弱、後楽園の東京ドームのすぐ横にある都立庭園です。

江戸時代初期に、徳川御三家の一つである水戸家の祖、水戸頼房が3代将軍の徳川家光からこの土地を与えられ、築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)を作り上げたのです。

水戸家の2代目藩主水戸光圀もこの庭園の築庭には力を注ぎ、当時中国から日本へ亡命していた朱舜水を設計に参加させたと言われており、中国的な趣向が濃厚な庭園となっています。

現在、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている庭園です。

7万平方メートル以上ある広大な園内には、蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、ウメ、サクラ、ツツジ、ハナショウブなどが植えられており、四季を通じて自然豊かな情緒的な風景が広がる都心のオアシスです。

お花見シーズンには、シダレザクラに始まり、ソメイヨシノや都内では珍しいウコンザクラまで、様々な桜を楽しむことができる庭園です。

周辺は、お城のような白い壁と下にはしっかりとした石垣が施されております。

 

石垣をよく見てみると、家紋?マーク?のようなものが彫られています。

江戸城の石垣にもよく見られるもののようなので調べたところ、

江戸城の石垣を再利用して作られたものであることが分かりました。

 

 

 

 

入口は、飯田橋駅方面の南側になります。

後楽園駅や東京ドーム側とは反対側です。

 

 

入口の門を入ったところに自転車置き場がありますので、安心してください。

残念ながらサイクルラックはありませんので、自然の木を傷つけないように自転車を立てかけましょう!

 

 

庭園の真ん中に池が配置してあり、真ん中に島があるようですね。

とっても水が豊かな公園であることが、案内板からもわかります。

 

 

こちらで入場券を購入して入ります。

料金は、300円

そして、この入場料は、電子マネーで支払えるという最先端の仕組みが導入されています。さすが東京都の施設は違いますね!

 

 

入場してすぐの場所に、葵屋さんという売店があります。

ここ以外に売店はありませんので、お飲み物はコチラで!

そして帰りもこちらを通りますので、お帰りの際には、ぜひお土産もこちらで購入してみてください。

訪問した日も、こちらのお店に外国人の方が並んでおり、手ぬぐいなどを買われていましたよ!

 

 

さあ庭園に足を踏み入れると、真っ先にこの眺め!

とっても素晴らしい眺めですよね。

 

 

池を中心に時計周りで一周してみます。

円月橋

光圀があつくもてなした明の儒学者朱舜水が設計したといわれる石橋。水面に映る様子と合わせると満月のように見えるので、この名がつけられました。

 

 

水がとってもきれいです。

水に映った木を見ているだけでも落ち着きます。

 

 

逆光になったときの水面のキラメキもとっても美しい。。。

 

九八屋

この小さな東屋は、江戸時代の酒亭を復元した建物になっています。江戸時代の茶屋のような役割で、この名称の由来は、「酒を飲むには昼は九分夜は八分にすべし」と酒飲みならず万事控えるを良しとする、との教訓によるものとされてます。

 

 

大泉水

この庭園の中心的景観。蓬莱島と徳大寺石を配し、琵琶湖を表現した景色を造り出したもので、昔はこの池で舟遊びをしたといわれています。

 

 

 いかがでしたでしょうか?

都会の真ん中にこんなスポットがあるなんて思ってもいませんでした。

訪れてみて感じたことは、もやもやしていたものが、すっかり澄み渡った気分になります。美しいものやきれいな水を見て心が癒された気持ちになりました。

 

皆様も是非訪れてみてください!

では!

 

 

www.arapota.net

www.arapota.net

www.arapota.net

 

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チェローナ(五反田)無添加 焼きそばのお店のランチ ヤザワミートさんが運営するお店を紹介

 

こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

最近の天気予報を見ていると今年は暖冬でスキー場での雪不足がニュースになっているようです。自転車で走っていても、明らかに寒さが半減しているのが体感できます。

実はまだ冬用の手袋を使っておらず、秋用のものでも我慢できるぐらい温かい!

みなさんの体感はいかがでしょうか?

 

今回は先日お伺いしたお店がとってもおいしかったのでご紹介します!

ご紹介するお店は、無添加焼きそばのお店 五反田【チェローナ】さんのランチです。

こちらは、ヤザワミートさんが運営するお店なのです。

ヤザワミートさんといえば、おいしい日本の黒毛和牛をたべられるお店が有名ですよね!

kuroge-wagyu.com

 

五反田駅から徒歩で5分程度でしょうか。。

目黒川へ向かう途中の路地にお店があります。

ふらっと立ち寄るにはちょっと敷居が高いのかな?

 

 

 

なぜ立ち寄ったかというと、東京餃子通信さんのブログに紹介されているのを見かけ、無性に行きたくなってしまいました。

 

夜は鉄板焼きのお店なのですが、ランチ限定でこの鉄板を活かしてぶた肉餃子の提供を始めたとのこと。

元々は白金高輪で「無添加焼きそばBARチェローナ」という店名で営業をされていて、昨年五反田に移転をしてきたのだとか。

白金高輪時代の店名に無添加焼きそばと入っていたように焼きそばを目当てに来店するお客さんも多いようです。

 

ランチタイムのメニューは、『無添加 焼きそば』一択です!

それほど自信のある一品であることうれしく、期待が高まりますね!

すべての材料がこだわりの品!

そして、化学調味料、人工甘味料、たんぱく加水分解などの食品添加物は一切使用しておりません!

この記載がしっかりと書かれております!

 

 

 

本日は、焼きそばに加え、東京餃子通信さんのブログに紹介されているヤザワミートの豚肉餃子を注文します!

 

まず焼きあがったのは、豚肉餃子です。

 

一口食べると。。。。

いわゆる餃子とは違うのです!

肉の主張が強い!

ひき肉ではなく、ゴロっとした豚肉入っており、

『ヤザワミートのお肉が主役である餃子です!』

とアピールしてきます!

 

衝撃を受けながら完食!

 

 

続きまして、お待ちかね!無添加焼きそばの登場!

 上に載っている目玉焼きがプルプルなのが見てわかりますよね

いただきま~~す

 

 

箸で目玉焼きを割ると。。。。

とろっとした黄味が流れ出します。。。

麺はもちもちでおいしい (^^♪

さらに、麺がちょっとパリパリの所が出るくらいの焼き加減です。

 

 

ごちそうさまでした!

 

目の前の鉄板で焼き立ての焼きそばを食べるなんてとっても贅沢!

ランチタイム限定ですが、とってもおすすめのお店です!

是非行ってみてください!

 

先日紹介した焼きそばのまるしょうさんともまた違うおいしさが味わえましたよ

よろしければ、まるしょうさんを紹介したブログもみてくださいね。

 

では!

 

www.arapota.net

 

www.arapota.net

 

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

令和最初のお正月にいただいた衝撃的ムンクのお土産をご紹介

こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

令和最初のお正月に親戚からいただいた衝撃的なお土産がありましたので、

ご紹介します。

 

いただいた箱はこんな感じ

ちょっと違和感を感じますが、まあこんなデザインなんだな?ぐらいの印象でした。

 

 

内容としては、いわゆる和三盆糖

そして阿波特産のサトウキビからつくられた名物のようです。

 

 

一口いただこうと

開けたところ。。。。衝撃が。。。

 

きゃ~~~~

ムンクがいっぱいいる~~~

 

 

二色のムンクが思い思いに叫んでいます!!!

 

 

 

 お正月一発目としてはかなりの衝撃的なお土産でした。

 

こちらのお土産は、ネットでも話題になっているようで、いっぱい紹介されていました。

www.haconiwa-mag.com

 

徳島の大塚国際美術館で販売しているようです。

簡単に行ける場所ではありませんが、

いつかしまなみ海道サイクリングをして、四国に行った際は立ち寄りたいですね。

 

o-museum.or.jp

 

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

岩淵水門から行く癒しの休憩スポット 台湾スイーツの「MeetFresh 鮮芋仙」さんを紹介


こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

www.arapota.net

  今回は、MeetFresh 鮮芋仙 赤羽本店さんをご紹介します。

 

じつは私は知らなかったのですが、

こちらのお店は世界に700店舗を持つ、台湾スイーツのグループ店なのです。

 

今はやりのタピオカミルクティーをはじめ芋園(ユーユェン)、仙草ゼリー、豆花、マンゴーかき氷など台湾スイーツが一通り全部食べられ台湾スイーツを満喫できるおみせです。

サイクリングしていると無性にスイーツを食べたくなることって多いですよね。

そこで、検索していると岩淵水門近くでこのお店をみつけてしまいました。

 

今のところこちらのチェーンは東京・埼玉・横浜に展開しているようですがここが日本進出1号店。
赤羽には西口にはbivio店もあり、じわじわと流行が来ている感じです。

場所は赤羽岩淵駅から徒歩圏内

商店街から一歩入った道にあります。

 

 

そもそもこのお店ですが、何て読むのでしょうか?

看板を見ると。。。。。

MeetFresh 鮮芋仙

ミートフレッシュ シェンユイシェン と読むみたいですね!

 

 

看板ポスターがとっても美味しそう!

豆花や豆乳のメニューに惹かれます!

 

ラインナップはこんな感じとなっており、3種類のべースメニューからトッピングのアレンジで選んでいきます。

とっても期待が高まってきます。

 

f:id:arapota:20200105144754j:plain

メニュー1



 

注文は、入口カウンターで先に行います。

精算すると、フードコートタイプのいわゆる「ブルブルするベル」をもらい出来上がりを待ちます!

 

内装は、木目調の落ち着いた雰囲気。

いろいろと見渡しながらゆっくりと待ちます。

 

 

今回の注文は、

店員さんおすすめの

豆花2号(豆花・ハトムギ・サツマイモ)のホットバージョンです!

 

 

では、いただきます。

最初は、豆花とハトムギをすくってみます

温かい豆花は、甘さはあまりなくシンプルなおいしさ

このたとえは、おじさんっぽいですが。。。

名店のやわらかい絹ごし豆腐のイメージ

 

 

そして、サツマイモ!

強い味付けがされていないシンプルな甘さ

 

 

最近は、洋菓子のクリームやバターたっぷりのスイーツに慣れてしまっているので、これはとっても自然な甘さを活かしているので、なんともホッとする甘さです。

そして、やや温かいところもほっとする要因かもしれません。

お子様にはちょっと物足りないかも。。。

 

 

想いにふけりながら。。。食べ終わりました。

ご馳走様です!

 

 

寒い季節にサイクリングした後に、一息入れる休憩スポットとして利用してみてはいかがでしょうか?

冷え切った体には、このほのかな温かさと甘さがとってもおすすめの一杯ですよ。

そして夏には、かき氷やタピオカも楽しめますので、1年中利用できます。

 

 でも残念ながらサイクルスタンドの設置はございませんのでご注意ください。

 

 

www.meetfresh-tokyo.jp

 

 

道の途中には、とっても衝撃的なお店の「スナック雪子」さんもあります。

こちらはスナックでありながら、二郎系ラーメンが食べられる話題のお店!

勇気のある方は、ランチスポットとして訪れてみては?

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

台風後の荒川サイクリングロードを東京を水没から守った岩淵水門までサイクリング

 

明けましておめでとうございます

あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

更新がかなりご無沙汰になってしまいました。

半月ぶりでしょうか?

PCからの更新がうまくいかなくなってしまっておりました。

本日は、Amazonプライムセールの恩恵で無事復活いたしました。

まだちょっと不便な環境ですが更新してみます!

 

10月の台風からまったく荒川サイクリングロードの走行はしておりませんでしたが

2ヶ月ぶりに走ってみました状況をアップします!

 

スタート地点はいつもの朝霞水門からです

 

 

台風の時の写真と比べてみると。。。。

どれだけの水がきていたのか怖くなります

 

www.arapota.net

 

 

サイクリングロードもこんな感じ。。。

怖い。。。。

 

 

走り始めると、まだ岸辺近くの木には、流れてきた草が引っ掛かったまま

流れの凄さが感じられマス

 

 

でも安心してくださいサイクリングロードはこの通りすっかり乾きました。

別な方のブログをみていると、臭いが凄い

という情報もありましたが

今回のサイクリングでは全く感じられず、以前のサイクリングロードの感じでした。

 

 

ただちょっと道の端っこに泥が堆積しており、乾いてくると自転車のタイヤで巻き上げられた泥が舞い上がる状況はありますね。

 

 

ゴルフ場の打ちっぱなしも、網が取り払われて工事中という状況

 

 

サイクリングロードの木の上には、なんと!

 

ヘルメットが置き去りにされておりました

あんな高い場所まで水がきていたとは驚きです

 

 

岩淵水門周辺もすっかり整備されておりました。

バーベキュー場には新しい砂がひかれております。

 

ここもかなりの被害を受けたあとの復旧の状況が感じられますね

感慨にふけりながらぼーっとしてみました。

以前とは違って賑わいもまばらな様に感じてしまいます。

 

  

こちらが東京を水没から守った岩淵水門です。

以前にも増してとても頼もしく感じてしまうのは私だけでしょうか?

泥で汚れた水門の壁が、壮絶な死闘を演じた後の映画のヒーローに思えてきてしまいます。

ありがとう岩淵水門!

ぼくたちの街をまもってくれて!

これからもよろしく!

 

 

今回はここから寄り道してみます!

以前ご紹介したカフェの前を通過して進みます

今日もサイクリストさん達で賑わっておりました!

目指すは赤羽岩淵駅周辺です。

 

 

www.arapota.net

 

MeetFresh 鮮芋仙 赤羽本店さんに向かいます

台湾生まれのスイーツ店ということで、以前から注目していたお店です!

 

www.meetfresh-tokyo.jp

 

 

今日は久しぶりの更新ですので、ここまでとします。

次回はお店の紹介を引き続きしますね。

では!

 

www.arapota.net

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉の記念品をいただきました!#ぐるさい応募から走行まで紹介


こんにちは、あらポタです。

いつも読んでいただきありがとうございます。

ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉のコース55を走ってみたところ

なんと!!

記念品をいただきました! 

 すごくうれし~い

 

応募から走行までの流れをよろしければ再度見てくださいね

 

www.arapota.net

www.arapota.net

www.arapota.net

www.arapota.net

 

 本日の午前中に自宅でまったりしていると。。。

ヤマト便でなにやら郵便が到着しました。

封筒は、埼玉県から。。。。です???

 

 

中を開けてみると。。。。

お手紙が入っています。

 

 

 

 

 

 

 

封筒の中には、

サイクルキャップが入っていました!

うれし~~~い!

寒い中走ったかいがあります。

 

 

 ビニールから取り出してみましょう!

カラフルなラインと正面には『GURUTTO SATTAMA』(ぐるっとさいたま)の文字があります。

こちらのカラフルな色1つ1つが埼玉県内の各市の形になっていて、なかなかいいデザインですね!

 

 

タグには、SUNVOLT さんのタグが付いております。

こちらはオーダージャージなどで有名なメーカーさんのもののようです。

 

こちらのホームページをご覧くださいね。

sunvolt.co.jp

 

 

 

 

サイクルキャップのつばのウラの部分までカラフルにデザインされています。

時間がある時に、どの形が、何市か調べてみようかと思っています。

知っている市がいくつあるかなぁ???

 

サイクルキャップと一緒にナイロン製のサコッシュもいただきました!

うれし~~~い!(2回目)

 

 

 この企画は2月までのようです。

人気の企画でもうジャージは品切れになっている情報もありますので

皆様も急いで応募してくださいね。

www.pref.saitama.lg.jp

 

 

よろしければポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村