サイクリングロードを楽しもう

サイクリングロードを楽しむブログ グルメライドの楽しみを紹介 おいしいもの 面白いものに目がありません!

白石峠ヒルクライムに初心者がチャレンジ !荒川サイクリングロードで行くルートを紹介

ゴールデンウイークも3日目に突入

本日は、友人と朝7時30分に待ち合わせをして白石峠にチャレンジ

ヒルクライムに近い山登りはほぼ経験がないので

ドキドキです!

待ち合わせ場所は、上江橋のヘアピンカーブ。

一人で走ることが多かったので、あまり人と走ったことがない

どうなることやら。。。

 

前日は、手信号の学習を行い、とりあえず曲がる方向とストップはマスターしておきました。

 

集合場所で合流して、ストレッチをしてから出発します。

予報では、気温が上がるってことでしたので

半袖着用でしたが、かなり寒い。。。。ので上着を着用

 

いつもの荒川サイクリングロードを北上し、入間大橋でアウトして側道沿いに進んでいきます。

圏央道を上に見ながら進み、212号線に合流します。

ここまで友人に前を引いてもらったのですが、後ろってこんなに風がないんですね。

本当に30キロ巡行なんてあんまりできないんですが

できるんですよ!

仲間っていいですね

 

その後都幾川の橋を越えていくと、ピオニーウオーク東松山が右手に見えてきます。

ここまで約20キロ

軽く足慣らしにはちょうどいい距離です。

 

東上線を超え最初の関門の物見山に突入していきます。

山が苦手な自分としては、勢いをつけようと外ギアを使いスピード

に乗ってきたところで、なんと信号が赤に。。。。

そして友人はそのまま走り去っていきました。

なんでー 最初くらい気持ちよく登らせてくれてもいいじゃない!

 

結局、大学正門付近で一時停止

ちょっとお休みしてから再出発して、物見山の入口の前で友人と合流。

補給をして、再度出発します。

 

その後鳩山方面へ下っていく道は最高に気持ちがいい!

40キロ以上のスピードでの風が心地よく、本日春を満喫できた瞬間!

でもここからが苦痛でした。

初の白石峠入口までの道のりは、平坦に見えるのですが、ちょっとづつ登っているのです。いつものスピードが出ず、なんだか納得いかない感じを抱えながら

必死に進みました。

特産物販売所まで45キロ程度の道のりで何度か休みましたが、ここまでで体力の70パーセントは使い果たしてしまった状態でした。

入口での一枚はこんな感じです。

どうも口が苦笑いの半開き状態とは、帰宅してから気が付きました。

ここからが、白石峠入口

最初から激坂です。

全長6.3キロ200メートルごとに標識があり、峠までカウントダウンしてくれます。

なんと最初の400メートルまでに最も軽いギアでも登り切れなくなり、足を付いてしまいました。その後も200メートルづつ登りますが、もう足が痛い。。。

その後は、押して登ったり、ちょっと乗ってみたりしたが、あと2.5キロ地点で足が攣ってしまい、押すこともできなくなり泣く泣くリタイアを決意。

でも、下り始めてみたところ下りも結構怖い、足がプルプルした状態で激坂をくだるのって、バランスとるために、いろんな筋肉を使うのですね。下りでも足が攣りそうになりバランス崩したら。。。。死。。。は大げさですが、恐怖を感じてしまいました。

 

ヒルクライム。。白石峠おそるべし。。。

初心者の私にはまだまだ高い壁でした。

登っていると後ろからくる人にどんどん抜かれていくのですが、印象に残っているのが音楽をガンガンにかけて、ノリノリで登っている女性。

あんな感じで登れるようになりたい!

 

友人とは、特産物販売所で合流し、帰路へ

昼食は、近くの『やすらぎの家』という

古民家を改装したうどん屋さんで一休みします

道からは分かりにくいのですが、入口側にちょっと上ったところにサイクルラックが

あります。

中は土間になっており、板敷きの広間でお食事をする雰囲気のあるお店です。

注文は、お店の方おすすめの山菜てんぷらうどん(1200円)を注文しました。

冷たいうどんに温かいつけ汁という武蔵野うどんスタイル

山菜は、・・・忘れましたが5種類がカリッと揚がっていておいしい!

 

 すっかり回復して、再出発!

帰りは、東松山経由で帰ります。

 

進むにつれて向かい風がきつくなってきており、

荒川サイクリングロード付近に来る頃には、すごい向い風

天気予報アプリで調べてみると風速8メートル!体感的にはもっと強い

ぜんぜん前にすすまない。。。

もう体力はエンプティ状態。。

最後までこんな仕打ちなんて。。神様。。。

帰宅したときには日が暮れてしまいました。

 

長い一日本当に疲れた。。。

ヒルクライムは、つらい。。。

[http://:title]